スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斉藤一人の絶対成功する千回の法則

・ お金がないと一つだけ困ったことがある。それは、嫌な奴に頭を下げなければならない。

・ はじめに言葉ありき。

・ 幸せになりたいと思ったら、「幸せだなあ」と声に出す。

・ ため息をつくのは、世の中で一番悪いこと。

・ 「やってやれないことはない、やらずにできるわけがない。」

・ 「ありがたいなあ」

・ 「豊かだなあ」

・ なんでもいいから千回続けることができれば、必ずうまくいく。

・ 抵抗が強い程しあわせになれる。

・ 努力するという行動はしてはいけない。

・ 努力しているうちは絶対にお金持ちにはなれない。

・ 努力というのは、やりたくないことを嫌々するということ。やりたくない事をしている人間が幸せであるはずがない。努力すると人間は不幸になる。

・ 人間は努力すると、その行動にどうしても無理が出てくる。自然に体が動き出すような行動をしているときは、苦労や努力といった感覚がない。

・ 頭の中で思っているだけでは効果はない。人前で声にしたほうがいい。人前で言えないような願い事は、最初からしないほうがいい。

・ 人間は、神様がつくったものの中で生きているだけ、生かしてもらっているだけ。

・ 失敗しても失敗と思わないこと。失敗ではなく、小さな成功だと考える。

・ 「私は失敗していない。フィラメントに適していない物質をいくつも発見しただけ」

・ ビジネスの世界で根性は、邪魔になるだけのもの。

・ 困るからはじまれば最後も困る。

・ 相手のやることが嫌いでも、それを変えようとしてはいけません。自分の好みになってほしいなと期待してもいけない。変わらないものを変えようとしたり、何かを期待することは、いちばん苦しいこと。

・ 相手を変えることはできない、あなたが変えることができるのは、あなた自身だけ。

・ 老衰で大往生するのも、病気で死ぬのも、交通事故で死ぬのも、すべて寿命。

・ 人の死をそのまま丸ごと受け入れることこそが、「生きる」ということ。

・ 苦手なことがあっても無理に直そうとしないこと。

・ 声に出している言葉を変えないかぎり、人間の行動や考え方を変えることはできない。

・ 一番いい勉強は本を読むこと。幅広い分野の本を、できたらたくさん読む。本を読むのが苦痛ならやめること、本を読んで楽しいと思う人だけ読むこと。

・ タダで手に入れた情報に価値はない。

・ 価値のない情報はお金を生まない。

・ 本もタダでもらっては価値がなくなる。何かに役立てたいと思ったら、必ずお金を出して買うこと。

・ 知識をもらったお礼にお金を払わなければ、自分の血や肉とすることはできない。

・ お金、健康な身体、優しくて豊かな心があればすべての願いは叶う。

・ お金がなければ笑顔をつくり、人に好かれよう。笑顔は嫌な奴を遠ざける。

・ 少しだけ大きな声を出そう。成功はぐっと近くなる。

・ 自分たちが知っている方法を他の人に教えること。

・ 貧乏臭い人間が必ず貧乏になるのは確か。

・ 税務署は「福の神」

・ 整備された社会を支えるのが税金なのだから、節税をしようなどという考え方は、商人にとって天に唾する行為、大まちがい。

・ 服を買う時は、できるだけ明るい服、華やかな服を選ぶこと。

・ 外見は人生を変えてしまう力がある。

・ 頭でいつも考えていれば、答えは外の世界から引き寄せられる。

・ 問題にぶつかったら、自分ひとりで解決しようとしないこと。まわりの人にどんどん相談すれば、誰かが答えを持ってきてくれる。

・ いつも次の大きな目標を持つこと。その目標に向かっている時は、かならず途中の目印を見つけておくこと。注意!途中の目印立ち止まらないこと。目指してきた目印に着いたら、すぐに次の場所に向かうこと。

・ 最終目標は人に言わない方がいい。言わないでいると、誰かに聞いてもらいたいという気持ちを抑えているので、とても緊張する。この緊張のストレスが、やがて大きなエネルギーになって返ってくる。

・ 人間は天国に行くために、この世で修行している。苦しんで修行しても天国には行けない。楽しく修行をしないと天国には行けない。

・ 仕事にも遊びにも家庭にも真剣に取り組み過ぎている、真剣になり過ぎているから、ちょっとしたことにも目くじらを立てて怒ってしまう。仕事を遊びと考えれば、どんなトラブルになっても怒ることはない。

・ 社員が頭を下げるのは、商品を買ってくれるお客さんだけ。社長は社員にとってお客さんではない。気を遣ったり、頭を下げたりするのは、お客さんに対してだけでいい。絶対にお客さんになることのない社長に対して、頭を下げる必要など、まったくない。社長に気を遣うことほど無駄なことはない。

・ どうせうまくいくのだから、怒る必要はない。

・ 「自分の人生の目的はなんだ」なんて難しいことを考えるのは時間の無駄。

・ どんなことでも「はい」と返事をすることを教えておけば、あとは何もいらない。

・ 「世の中はお金がすべてではない」これはお金に対する一番の悪口。

・ 貧乏神は、「ため息」「愚痴」「悪口」を食べて生きる。逆に、「幸せ」「感謝」が大嫌い。

・ 幸せになるのはとても簡単なこと。特別な道具も、優れた才能も必要ない。ましてや努力など邪魔になるだけ。

・ 目標を達成したら、すぐ次の目標を立てる。

・ 他人からの頼まれごとは神様からの贈り物。運勢がよくなってきた証拠なので、笑顔で引き受けること。

・ 完璧にいくものなど、この世にはない。

・ 人間がすることはすべて、78点が最高。

・ 人間のやることには、無限に続く22%の改善点がある。すなわち世の中に完璧なものはない。

・ 完璧ではない自分が完璧を目指したけれど、当然のごとく失敗したから、また次の完璧を目指そう。

・ この世のすべての出来事は、今より少し改善するだけで、間違いなくいい方向に進む。

・ 改善し続けていれば、絶対に悪くなることはない。生きている間ずっと改善し続ける人は、どんどん伸びていく。

・ ある女にフラれたらどうなるか。そうです。いずれもっとすばらしい女があらわれることになる。

・ 男は女に損をさせてはいけない。女に損をさせると、いつかかならず自分のところに返ってきて、結局、自分が損することになる。

・ 努力や根性でやろうとしても続かないし、そんな必要はない。ましてや人間は78点が最高点、真の完璧を目指す必要もない。ただ声に出しているうちに、自然にそうなっていく。

・ 女は好かれたいのではありません。男に惚れたいのです。

・ 男は女に愛されたいのです。

・ 子供は褒めて伸ばすこと。叱って反省させると、失敗を怖がる人間になってしまう。
スポンサーサイト
広告
管理人の別サイト
税理士試験の法人税法
法人税法の勉強内容を掲載していきます。

税理士試験の簿記論・財務諸表論
税理士試験の簿記論・財務諸表論のテキストを掲載していきます。

日商簿記1級テキスト(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)のテキストを掲載しています。

日商簿記1級問題集(工業簿記・原価計算)
簿記1級(工業簿記・原価計算)の問題集を掲載しています。

日商簿記1級問題集・テキスト(商業簿記・会計学)
日商簿記1級の問題集・テキストを掲載しています。

日商簿記2級問題集・テキスト
日商簿記2級の問題集・テキストを掲載しています。

株初心者入門
株のはじめ方をやさしく紹介しています。

FX初心者入門
FXのはじめ方をやさしく紹介しています。

スイーツレシピ
元パティシエが今まで作ってきたスイーツレシピと作り方を載せています。

目次
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。